第4回ミニキャンプ『白川バーベキュー会』開催

07kyannpu1 平成19年7月24日ミニキャンプ「バーベキュー会」を岐阜県東白川村越原陰地にて開催、第4回の今年はバスを運行し、参加者39名を乗せて出発、天候にも恵まれ学校も夏休みに入り、楽しみに待っていてくれた子供さんたちはバスの車中でも色んな企画を練って子供も大人も楽しめるゲームやなぞなぞを出題して、車中を盛り上げていただきました。 特に内田晴也くんは自前で回答者に景品まで準備して正解者にプレゼントをしてくれたことなどは発想から準備まで自ら考え出して持ち込んでくれました。
07minikyannpu3 07minikyannpu6 渡邉支部長と安江副支部長は準備のために会場でみなさんを待ち受けてバスは10時40分頃に到着、その頃には「アマゴの塩焼き」が出来上がりそれを食べながら、みなさんで炭焼き「バーベキュー」の準備をして、女性は野菜を準備、男性は「バーベキューコンロ」で火を起こしました。

子供たちは早速、着替えて清流白川に飛び込み、今年の白川は少し水量が多く、流れの速い急流には行かないように注意を促し、清流の中に色んな生き物が生息している様子も顔を付けて水中を見ると見ることが出来、都会では経験できないことが体験でき、学ぶことが出来たと思いました。
07minikyannpu5 男子は川遊びに目の色を輝かせ、水の冷たさも忘れて一時間ばかりの時間であったがバーベキューができるまでがんばって遊び回っていた、この会場も4回目となると子供たちも遊びを覚え、小学校も高学年になると水を怖がらないことも大切なことで大人が危険なことも教えて自然とのふれあいを子供達に体験させるようにさせたいなぁと感じた。
06yakannkousyuu4 今年は現地調達で食料は揃えましたので地元でしかない材料が多かったのも特徴であった、朝に収穫したとうもろこしを湯がいて持参したり、アマゴの塩焼きも一時間前まで元気に泳いでいたアマゴであったし、トマトの完熟などは甘酸っぱい食感を味わうことも出来地鶏の鶏肉などは腰のある肉が味わえた、そんなことをしゃべりながら二時間がすぐに過ぎて、1時30分ごろから後片付けにご協力をいただき、2時にバスで付知峡倉屋温泉「おんぽいの湯」に寄り道して、一風呂浴びて帰宅することをたのしみに参加戴いた方々も多く「おんぽいの湯」はたいへん好評であったと思いました。 5時30分名東区到着無事に帰宅できました。


組合加盟店はこちらから