平成19年度『秋季セミナー』開催

07syuukisemina-4 07syuukisemina-1 平成19年10月23日名古屋サンプラザ・シーズンズにて支部恒例の「秋季セミナー」を開催名東保健所から生活環境課環境衛生担当主査・太田淳児様からテーマ「消毒法と衛生管理について」の報告を戴き、食品衛生に厳しい審判が社会的に下っているが我々の環境衛生も自主管理に基づき、自己管理を徹底していただきたいとの要請がありました。

07syuukisenina-3 続いて淑徳大学教授・楊衛平講師が昨年の復習と楊講師が中国で幼い頃からの食生活を語り、農耕民族である我々は食文化を変革しないと今のままでは欧米諸国の肥満体質を継承することになりメタポリックシンドロームに陥ることになる。
07syuukisemina-2 解りやすい説明で食は人に良いと書く・食を欠けると飲料になる・病は口から流水不腐など中国人独特の漢字言語で健康解説をしてくれた、豊飽時代による死の四重奏は肥満・糖尿・高血圧・高脂血症でこれを防ぐ方法は運動することである。
簡単な運動(身体を動かしてマッサージ)を毎日約10分間継続することが『気』を作り出す、最後に簡単な運動技法を肩・腰・手・足・腕・頭・首などなど全身を軽くマッサージをする感じで行う、「継続は力なり」


組合加盟店はこちらから