『ケナフ炭焼きに挑戦』

sumiyaki2 平成15年9月30日岐阜県瑞浪市日吉町、日吉ハイランド別荘地にて県女性部長・伊藤千津子さんのご紹介で春日井支部神戸さん宅の別荘に炭焼き釜が常設されていることを聞きお願いして県内女性部の方々が集まり炭焼き体験学習をさせていただきました。当日は神戸さんには大変お世話になりました。
sumiyaki1 名東支部からも内田潤子部長・渡邉やす枝会計・新家禮子さんが参加され紙梳き体験も同時に作業しながらケナフ表皮をむいて元木を炭焼きにする為、炭焼き釜に入る長さに切断しました。

sumiyaki3炭焼窯の煙突から勢いよく、煙が立ち上がり、炭焼き風景見ていたら昔を思い出しました。  一方では炉端でバーベキューの準備をして、その他の釜ではケナフ・アク抜き作業が始まり ケナフ表皮を鍋に入れて、石鹸ソーダで煮炊き作業の開始です。 時間も昼ごろになって炉端では「石狩鍋」ができあがり、炭作り作業は継続しながら、石狩鍋で舌鼓を打つました。
sumiyaki4 午後1時より継続作業開始、ケナフアク抜き作業が終了してから木槌でケナフ繊維を砕きました、炭焼釜は煙突のけむりも白くなってきたので焼却口を土で封印し、 2時間後に釜出し作業を見学、参加者はみなさん感動しました。

 


組合加盟店はこちらから