エコキャップ運動の問題点!

平成27年6月1日午後8時30分から名東区社台の洋風酒場インターラーケン・ オストで
参加者9名で夜更かし510として、この度テレビ新聞で報道されました
エコキャップ推進協会がワクチン代金の寄付を渋っている問題に対し
510(名東青年部)が今後の支部ボランティア活動のエコキャップ運動を
検討し欠席者6人からも回答を頂き全員で問題を解決する事になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



先ずは、エコキャップ推進協会から支部の皆様への報告文です ・・・

日頃よりエコキャップ運動にご協力を頂き有難うございます。
この度、報道されましたエコキャップ推進協会(以下、推進協会)がワクチン代金の
寄付を渋っている問題に対し当団体も報道で知り情報と収集と確認をしておりまた。
その確認等に時間が掛かっていた事ももあり皆様へのお知らせが遅くなりました事を
お詫び申し上げますと共に今現在把握している事をご報告申し上げます。
当団体と連携しております。プラスチックリサイクル業者および全日本プラスチック
リサイクル業者および全日本プラスチックリサイクル(以下、工業会)からの
報告内容は次のとおりです。

2008年に推進協会より(世界の子供達にワクチンを贈る)活動への協力依頼を
受けその活動趣旨に賛同した有窓会員会社が推進協会と業務契約を締結し活動を
スタート致しました。集めて頂いたキャップのリサイクル収益を推進協会に送金し
世界の子供にワクチン代金を寄付していない事を知り12月に推進協会の矢部理事長を工業会にお呼びして事実確認を行ったとの事です。矢部理事長からは障害者支援に寄付をしたのでワクチン代に回せなかったと回答を頂きました。
キャップを集めて頂いている方々はワクチンに寄付されると思って協力して頂いて
いるのでその方々の善意を裏切る事になり至急、ワクチンへの寄付を再開してくれるよう要請しましたが、その後、推進協会より誠意ある回答が無く今年3月16日には内容証明付の(通知書)にて再度、回答の要求をいたしました。3月31日にその
回答をするとの事で工業会に矢部理事長がお越しになり今年8月末までにはワクチンに寄付をするとの約束を頂きましたが、金額や時期などの回答を頂くことはできなかったとの事です。
当団体としては皆様からキャップを通して頂いた善意を確実にワクチン代金として
寄付されるよう見守りながら提携のリサイクル業者と共に、この運動に協力して行くつもりでおります。今後ともご支援ご協力の程をお願い申し上げます。
尚、当団体として皆様の善意を裏切るような疑念が残る状況で、この活動をどこまで
行っていいものかと言う迷いがあるのも正直なところであります。
今後の推進協会の対応や行動によりましては、このエコキャップ活動を終了する事も
含めて検討するつもりです。           

エコ&ボランティア VESSE代表  足立佳英

次は、510(名東青年部)15名全員からの意見です。

丹羽さんから ・・・

半分ショック、と言う記事でした。
目的は違ってしまったけれど助かった人たちがいたんだと思います。
みなさん集めた甲斐があったと思います。
継続でお願いします。

松村さんから ・・・ 

お疲れ様です。
メールを読みいくつかの記事やHPを確認しました。
各団体の理念や主張が立派な事は分かりました。
ですがキャップの売却益が当初謳われていた目的以外に使われている
問題以外にもキャップの売却迄にかかるコストやエネルギーと実際に
得られる売却益が問題になっている事も分かりました。
純粋に慈善活動をするならしかるべき団体に現金を直接寄付すればいい。
現金を直接出すのは負担が大きいので効率が悪くてもエコキャップのような
負担が比較的少ない事業の方がいい。
慈善活動に関しては考え方がそれぞれで寄付をする個人が自分が納得出来る
団体に自分が負担出来る範囲でするのがいいように思います。
組合、支部で慈善活動をする時も人それぞれで考え方が違うと思うので
回答は、わからないとさせていただきます。
一番中途半端な回答で申し訳ありません。

青木君さんから ・・・

長い文章でよくわからないです。
わからないでお願いします。

宮地さんから ・・・

既に集めた方も沢山いらっしゃると思うので
今回は進めたらいいと思います。
来年はヤメてもいいのかなと。

森下さんから ・・・

始めのスタートからズレてしまったようで、特に悪い所に使った用でも
なっかたみたいだが足立さんも協会の出方しだいでキャップ活動を終了も
検討すると言ってるので、支部で新たなボランティア活動を始める。
支部の新たなボランティアを始める。
案 ・ 児童養護施設に自宅で使われてない新しい文房具とか
今、使われてない衣類を寄付する。
お店で使われなくなったタオルを寄付する

家崎さんから ・・・

わからないです。
何時も参加出来ず、すみません。

篠崎さんから ・・・

今回は継続して集めてよいと思います。
来年はエコキャップ推進協会に対する何らかの結果が出ると思うし
不信感が続いているようであれば無くしてしまっても良いかも!

加藤さんから ・・・

エコ&ボランティア VESSE代表まで不信感を抱いてしまう!
関わる人が、全てがボランティアとして活動しないとおかしい。
今後は、エコキャップ推進協会の1年間の様子を見て判断する。

萩原さんから ・・・

既に他の協力者に5000個ほどのキャップが集まって
いるので今回は止めるわけにはいかない!。
キャップで結行お金が動いた事に驚きました。

明田川さんから ・・・

続けて欲しい気持ちはあります。
貧困の子供達にワクチンに限らず財政的にも透明感を持って
何らの形で確実に届く事が大事に思います。

前島さんから ・・・

集める癖がついているので今回は遣っても良いと思います。
信じるしかないが寄付の仕方を変えるならばエコキャップ推進協会からの
事前報告が欲しかったと思います。

秦野さんから ・・・

今回は継続で良いと思います。
私の聞いた話ではキャップを洗う仕事の職員の給料が低くいので上げた様です。
来年以降は様子を見ながら進めたら良いと思います。

浅井さんから ・・・

集める事が習慣になってしまっているのでエコキャップ推進協会の今回の問題は
気になるが遣っている事は良い事だから続けて行きたいと思います。
一応続ける方向で違う運動も考えながら遣って行ったら如何でしょうか?

山内さんから ・・・

集めているので今回は継続で良いと思います。
来年以降も続けるか分かりませんが何か新たな支部の
ボランティアのスペアーも考えても良いかなと思います。

内田さんから ・・・

お店のお客さんにも、知名度ができたのか協力して貰える。
VESSE代表 足立さんにも関わる事が出来て
信じて活動をしてきたわけだから
今年も継続して行きたいと思います。

9名の参加者で今後の活動について510(名東青年部)全員の意見を纏め
エコキャップ推進協会の様子を見ながら(今回は継続する)事に決まりました。

新たな支部ボランティア活動についての意見も ・・・

1、缶ビールのキャップ集め活動  2、支部内の清掃活動  
3、古いタオルの寄贈活動     4、福祉施設の訪問カット活動  
5、支部内の夜回り活動      6、支部組合員を対象にした便利屋活動

510(名東青年部)の皆様へ ・・・

今回の支部エコキャップ活動について全員の方から貴重な意見を頂く事ができ
無事に支部内の問題として解決する事が出来ました。
何より喜ばしい事は、若い組合員の仲間が自分の意見を持ち少しでも
名東支部に協力して貰える前向きな姿勢が感じられ一人ではできない事が
仲間が集まれば出来る喜びを学ぶ事ができ支部の今後も頼もしく思いました!
協力して頂いた510全員に感謝致します。

今後の活動にもご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

                         青年部長 浅井泰年 。。。


組合加盟店はこちらから