平成28年度 名東支部秋季セミナー

平成28年10月25日火曜日午前9時から
15期名東支部秋季セミナーがサンプラザシーズンズ
楠の間で行われました。
渡邊守支部長の挨拶から始まり公衆衛生の大切さ
これからの時代にあった理容業について話されまし
た。 image3 第1部は名東保健所から衛生消毒講習を
生活環境課 環境衛生担当主査 鈴木恭子さんが
平成27年度理容所監視結果にもついて説明がありました、続いて毛染めよる皮膚障害の注意、蚊の種類、
蚊による感染症、障害者差別解消法など短い時間の中
分かりやすくお話されました。
image2 第2部は県本部講師の尾関之一講師をお招きして『モチベーションUP、ホスピタリティー(おもてなし)』のセミナーを開催しました。
私達をとりまく現実的、時代的市場背景においてお客様の目線が変化して来ていて理容店の優先順位は?ということで低料金サロンのレベルUPによりこちらが料金の目安の時代になり更に美容室、マッサージ産業、エステ等のライバル産業も多様化してきております。
消費税が上がったら自分の店の優先順位はどの位置か?男性がリラックス出来る場所が少なくなっていている現代に居心地の良いサロン作り、しっかりした消毒による低料金サロンとの安全性の差別化、リラックス空間。
お客様のニーズに応えることをしっかり意識して世の中の変化に対応して変わっていく事が必要であるとしっかり伝えて頂きました。
〈サロンに不快を感じる瞬間〉
・臭いでは 口臭、タバコ臭、体臭、化粧品臭
・会話、言葉遣いでは 馴れ馴れしい、スタッフ同士の会話、ひそひそ話、悪口、喋りすぎ、質問攻撃
・行動、動作では ダラダラ、不安そう、足音、忙しいと雑になる
今までの店内での普通にしていた当たり前だった行動を一つ一つ見直して“釜茹でのカエルから共動で大きな志を持ちましょう”と意識の見直しを考えさせて頂きました。
最後にチェックシートで自分の身だしなみ、お客様の雨の日、暑い日、寒い日の入店時、誘導の仕方、レジ、お見送りの時にリフレインすると良い等、現代においてはホスピタリティーを意識する事が大切であると教えて頂きました。image1 普段は2時間のセミナーを1時間半の超特急でして頂いたのですがとても楽しく、わかりやすく、あっという間のセミナーでした。尾関講師、本当にありがとうございました。
また休日に多数の方に参加頂き、ありがとうございました。

広報 篠崎正規


組合加盟店はこちらから